提携ショップ

TENTSILE MODA MANIA SmartBuyGlasses

Facebook

Twitter

アンティークウォッチ / ROLEX(ロレックス)の魅力

 ,

アンティークウォッチROLEXロレックス

Brand, Fashion

  2017-11-10

アンティークウォッチの老舗ブランド / ROLEX(ロレックス)

以前、「アンティークウォッチの世界。アンティークとヴィンテージの違いから現代の名作まで」というタイトルでアンティークウォッチの世界をご紹介致しました。

全ての「アンティークウォッチ老舗ブランド」をご紹介しきれませんでしたので、改めてご紹介させてください。

 

今回は、ROLEX(ロレックス)をご紹介します。

Instagram

ROLEX(ロレックス)/ アンティークウォッチ

アンティークウォッチROLEXロレックス

ROLEXの歴史・エピソード_

アンティークウォッチといえば「スイス」が有名ですが、ロレックスの発祥はロンドン、「ハットン・ガーデン」でした。

 

Hatton Garden(ハットンガーデン):ロンドンにおける「宝石・ジュエリー」の中心街。とくにダイヤモンドが有名です。宝石店はもちろん、多くの宝石職人やデザイナーが集まっています。

 

 

ROLEXの歴史
1905年/5月 「ハンス・ウイルスドルフ」が義理兄弟の「デイビス」と時計販売店「Wilsdorf and Davis ウイルスドルフ&デイビス社」を設立
1915年 プロパガンダ合戦」の影響で「ロレックス・ウォッチ社」に名称変更
1919年 活動拠点をスイスに移動。ロレックスの歴史が幕を開けます
1926年 世界初の防水腕時計「OYSTER」を開発
1931年 世界初の自動巻き時計を開発
1945年 ダイアルの小窓に日付を表示する初の自動巻腕時計である「デイトジャスト」が誕生
1976年 「ロレックス賞」を設立 / 勇気と信念をもってさまざま課題の解決に挑む、すばらしい人々を称えるために設立されました

・歴史の詳細はこちら(ROLEX公式)»

 

 

販売店から始まったロレックス、多くの時計を売る中で「性能・実用性」に納得いかなかった創業者「ハンス・ウイルスドルフ」は、腕時計の自社製造に動きます。

 

その後、時計史における「世界初」をいくつも発明し、時計産業をリードし続けてきました。

例えば、「防水時計」や「ゼンマイの自動巻」「デイジャスト(時計の日付が、0時になると一瞬に切り替わる機能)」を完成させたのはロレックスなんです。

 

経営手腕も優れていました。60年代の「クォーツショック」によって、多くのスイス・名門時計店が倒産する中で、創業者ウイルドフは、新たな基金を設立し「経営権を守る」ことで苦難の時代を乗越えます。結果として時代に流されない『ROLEX BRAND』を築き上げることに成功しました。

ロレックスの広告戦略

アンティークウォッチROLEXロレックス広告戦略

ロレックス社が “優れた時計” を作ってきたことは確かです。

“King Of Watch = ROLEX”

 

しかし、その輝かしい「成功」を収めた背景には「緻密で新しい広告戦略」がありました。

ウォッチの価値だけではなく、ビジネスとしても成功を収めた「ROLEX」を身につけること、製品・歴史・ビジネス、その全てで世界中を魅了し続けた結果、「ROLEXを持つことが “ステータス”」 と称されるようになったのです。

広告エピソード_

 ドーバー海峡横断 “メルセデス・グライス”

1927年、イギリスとフランスをへだてる「ドーバー海峡、約35km」を泳ぎ切った無名のスイマー「メルセデス・グライス」が新聞の一面に登場し、注目の的となりました。同時に「ROLEX」の名も広まることになります。

 

なぜ、このニュースがロレックスを一躍有名にしたのでしょうか。

 

「メルセデス・グライス」は、10時間に及んだドーバー海峡横断の際に腕時計を巻いていました。それがロレックスの防水腕時計「OYSTER(オイスター)」だったのです。

まだ1927年の出来事ですので、この新聞記事を目にした人たちはとても驚いたのではないでしょうか。

「え?何てタフな時計なのだ」と。。

ROLEXロレックス広告ドーバー海峡ROLEXロレックス広告ドーバー海峡

ROLEXロレックスOYSTER CUSHION(オイスター クッション)

* ROLEX / OYSTER CUSHION(オイスター クッション)

※「OYSTER」とは、世界初の防水性能を実現させたケースのこと。

 

 深海でも耐える防水性

他にも、ROLEX SEA-DWELLER(ロレックス シードゥエラー)は、海洋調査・潜水会社の「深海実験」をサポートしたモデルです。「深海・610m地点での防水」に成功したというニュースは、ロレックス製品の「頑丈さ」をイメージ付けました。

ROLEXロレックス / SEA-DWELLER(ロレックス シードゥエラー)

* ROLEX / SEA-DWELLER(ロレックス シードゥエラー)

 

ロレックス社は、「エベレストの上を飛ぶパイロット」や「スポーツ選手」「探検家」「モーターレーサー」を通じてウォッチを広告。“何かを成し遂げた人々のための時計”として認知されるようになりました。

同時に、過酷な環境へのチャレンジをサポートすることで「ロレックスは頑丈・丈夫」というイメージを確立し、「実用性」をアピールすることに成功しています。

 

富裕層向けの広告_

「実用性」のイメージ戦略後も、効果的な広告を発信します。

次の戦略は「高級腕時計」としての地位の確立でした。

 

世界初の広告会社として有名な「J. Walter Thompson社(ジェイ・ウォルター・トンプソン)」と提携し、巨額の予算を広告に投資します。

 

広告を掲載したメディアは、「富裕層向けの新聞・雑誌」

「成功者がつける時計」として富裕層にアピールしました。

 

「高品質で実用性がある時計」という元々のイメージが出来上がっていたため、次第に「最高級の腕時計」としての地位を確立しました。

アンティークウォッチROLEXロレックス

 

「ウォッチへの絶対的な自信」をベースに持っているロレックスだからこそ可能な広告戦略でした。

 

“ウォッチ × 広告戦略 = ROLEX”

素晴らしいウォッチと、実力に裏打ちされた知的な広告。その全てがROLEXが王様たる所以です。

世代や環境を超えて、近代社会のリーダーの活躍とともに時を刻んできた時計。

あなたも「おひとつ」いかがでしょうか。

 

ROLEX アンティークウォッチ一覧 »

アンティークウォッチを安心してお使いいただくために

アンティークウォッチは製造から時間が経っています。

当然ですが新品よりも不具合が生じやすく、修理が必要になった場合のことを考えると「購入時のコンディション」を把握しておくべきです。

 

信頼できる購入店」を見つけることで安心してアンティークウォッチをお使い頂けます。

 

今回は、「Shellman(シェルマン)」をご紹介致します。

Shellmanシェルマン

Shellman:1972年にアンティークショップとして創業。

「時代や流行を超えて受け継がれる名品」をコンセプトにオリジナルウォッチ、独立時計師の作品、その他の独自の視点でセレクトされた現行時計を輸入・販売するセレクトショップ。

Shellman »

アンティークショップShellman(シェマン)

 ,

Newelljazzy' SNS
     

提携ショップ

TENTSILE MODA MANIA SmartBuyGlasses

Facebook

Twitter